新着情報


平成27年人勧実施!

27年ボーナス0.1月分追加支給

4月に俸給水準平均0.36%引上げ(2016.03.30.)

先日の「ぐんだいタウン」U-74号(3月7日付)でもお伝えしたように,大学法人は「頑張っている教職員に報いるため」に,平成27年人事院勧告を部分的に実施し,平成27年ボーナス0.1月分の追加支給と,4月から俸給水準平均0.36%の引上げを決定しました(人事院勧告では「27年4月にさかのぼって引上げる」としていましたので,完全実施ではありません)。

3月分の給与の支給明細をご覧になったでしょうか。普段ついていない「(18)勤勉手当」がついていて,いつもより増えていることに気がつかれた方も多いと思います。ボーナス0.1月分の追加支給がこれに相当します。

喜ぶ職員イメージ

昨年11月の団体交渉でわれわれ組合側が主張した給与引上げが,部分的に認められました。附属病院での医療事故問題で財政が苦しいなか,英断を下した大学法人を支持したいと思います。


よりよい職場にしていくために,これからも現場の声を届けていきたい思います。みなさまの声を組合に届けてください。


大学法人 病院問題の公開質問状に回答

附属病院の組織的問題認める
改革のために士気高める必要 27年人勧実施へ(2016.03.07.)

群馬大学医学部附属病院

前回「ぐんだいタウン」号外(2016年2月12日)でお知らせしたように組合は附属病院問題に関する公開質問状を提出しましたが,これに対する回答を示すとして,大学法人群馬大学は2月24日に組合側と会見を行いました(平塚学長,田村病院長も参加しています)。この中で大学法人側は,今回の医療事故で明らかになった組織の問題や改革のポイントを明らかにするとともに,「頑張っている教職員に報いる」ために平成27年人事院勧告に準じた労働条件の引き上げを行う考えを示しました。

会見の内容をお伝えするぐんだいタウンⅡ-74号(2016年3月7日付)を発行いたしました。

TOPに戻る